tutorial

人型の作成

メタセコ超入門編ってことでモドキの作りかたなんぞを。
先にだらっと読んでもらうと作りやすいかも。
 


 
とりあえず

操作がしやすいように先にボタンを以下のように押しといてください。
赤いところが押すところ。
緑のとこは押さないところね。
メニューのパネル(P)より以下のように「操作パネル」「オブジェクトパネル」「材質パネル」を表示させといてください。

 

胴体をつくる

画面左メニューの「コマンド」の「基本図形 P」を選んでください。もしくはキーボードの"P"を押します。
「基本図形」と書いたサブパネルのを選んで下の「作成」を押してください。
画面の中に立方体が作成されてましたか?

左上のコマンドの「移動 V」を選んでください。

 

紺色の編集画面で右ボタンをドラッグしてみてください。
視点がぐるぐる動きます。操作しやすいほうに向けましょ。
Ctrl+Aを押すとすべてが選択され水色になります。
Ctrl+Dを押すとすべてが非選択になりピンクになります。

で、体の形に変形してみます。
操作パネルの各XYZボタンを左右にドラッグしてみてください。(黄色で囲んだ10個のボタンです)
立方体が変形するはずです。
操作パネルで立方体を胴体の形にします。

 

一つ前の操作をキャンセルしたい場合はCtrl+Zです。
キャンセルのキャンセルはCtrl+Yです。
編集画面上の点、辺、面を左ボタンでドラッグするとそれぞれの移動ができます。

編集画面の赤青緑の矢印をハンドルといいます。
ハンドルの黄色の部分をドラッグすると矢印の方向への移動ができます。

編集画面の紺色の部分(何もない部分)から左ボタンドラッグで点や辺を囲むと囲まれた部分の選択ができます。

 
アタマ

頭を作ります。
コマンド「押し出し E」を選んでください。
Ctrl+Dを押して全非選択にします。
上の面を左右にドラッグすると面が押し出されます。

適当に押し出したら操作パネルの拡大なんかをドラッグしてちょうどいい大きさにしてください。

押し出しと操作パネルを繰り返して頭を作ります。

ここでオブジェクトパネルのobj1をダブルクリックしてCatmull-Clarkを選択してウィンドウを閉じる。
曲面で表示されてますか?

 

ウデ

腕を作ります。
体の側面を押し出してしまうと腕がえらく太くなってしまうので体を二つに切ります。
コマンド「ナイフ K」を選び「接続面を連続切断」を選びます。
下のように辺から辺へドラッグすると体が上下に切断されるはずです。

「移動 V」を選び
切断部分の4っつの点をを縄ドラッグで選択し、移動ハンドルの緑の矢印で切断部分を上のほうに移動します。

で、あとは胴体脇上の面を「押し出し」と「操作パネル」の回転などを使って腕を作ります。片腕だけでいいです。

 

底の面を押し出し、X方向に縮小して足の付け根を作ります。

で、押し出しと操作パネルで足を作ります。

 

で、

体の半分ができたはずです。
もう半分を自動的に作ります。

まだ腕が生えていないほうを縄選択しDeleteキーを押して削除します。
→DELETE→

オブジェクトパネルのobj1をダブルクリックし、ミラーリング→左右接続した鏡面に設定。

どうすか?できましたか?
 

これが作れれば
生き物系はだいたいこの方法で作れます。
動物やオリジナル生き物なんか作ってみたり。
 
 
 

おまけ
せっかく作ったんだから画像を人に見せたい、って場合の方法。
左メニューの編集オプションの「XY」と「軸」を押さない状態にします。
Alt+PrintScreenキーを押すとメタセコイアのWindow全体がコピーされます。
フォトショップやペイント等のソフトで「編集」→「貼り付け(ペースト)」を行えばメタセコイアの画面が貼り付けられるはずです。

コメントする