metasequoiaの紹介

メタセコイアという3Dのものを作るソフトの紹介です。

メタセコイアはポリゴンモデラーです。  

モデラー
3D絵を作る手順には「形を作る」、「材質の設定」、「光源の設定」などの手順をふみますが、「形を作る」部分をモデリング。モデリングするためのソフトをモデラーと言います。
最後にコンピュータに計算させて画像を作ることはレンダリングといいます。
形をどんどん作っていくための良いソフトです。
プロでも使っている人多いです。

まぁ↓こんなものを作るとすると
 



立方体

を変形させて

面を押し出す。

その面を小さくする。

押し出しを繰り返して

頭を作る。

胴体を上下に分けて

腕をはやす。

足を作って

体を右半分にして

左右対称化すると
こんな感じに。
 
詳しい作り方はこちら

こんな感じなんですわ。

 

ダウンロード

メタセコイアはMizunoさんが作っているフリーウェアです。

Mizuno Lab.
ここでダウンロードとインストールを行ってください。

無料と言いましたがメタセコイアはフリーウェア版シェアウェア版があります
まずは最新の機能が使えるシェアウェア版を未登録で使うのをおすすめします。
未登録だと一部の機能(プラグインなど)が使えません。 登録するほうがもちろん良いです。

もうちょっとこのソフトの特徴を書いておきます。

一、使いやすー!
右ドラッグで視点回転、操作ハンドル、操作パネルなどのおかげで快適にモデリングできます。

一、動作速軽ー!
OpenGLとDirect3D表示のどちらでも使えます。

一、ステキ機能。
3DペイントUV編集とか高級ソフトにさえ標準でもついてないこともある機能がついてます。

一、周辺ソフトがステキー !
ユーザーが作ったレンダラーやモーション作成ソフトがあります。
ユーザーが作ったプラグインも数多くあります。

 

メタセコイアはモデラーであってレンダラーは付いていないのでリアルなCGを作りたい場合はレンダラーにデータを受け渡して画像を作ります。
ちなみに私はredqueenというレンダラーを応援しています。

コメントする