maxデータをblenderでUV展開(基本編)

maxのUV展開機能がアレなので、blenderのUV自動展開機能を良く使います。
自然物や布など、不規則的な形状のUV展開も、blenderなら5分くらいでできます。

その方法を、自分のメモ代わりに書き残しておきます。
基本的には.objファイルでやり取りするだけです。

手順

1.maxからFile>Export Selected>.obj 形式で出力します。ダイアログのプリセットでBlenderを選択してエクスポートします。

2.blenderでBlenderでFile>Importで読み込みます。

3.UV展開を行います。
EditModeで切り分けたいエッジを選択して、Ctrl+EからMarkSeamを行います。
Uキーで一瞬でUV展開できますね。

4.File>Exportで.objファイルを出力します。Selection OnlyとInclude UVsのオプションをオンにします。

5. MaxでFile>Import

これで綺麗にUV展開されたメッシュオブジェクトができます。
旧オブジェクトの全頂点を削除し、新オブジェクトをアタッチすればメッシュが置き換わります。

ただし、この方法だと展開前と展開後のメッシュの頂点番号が違ってしまうので
頂点カラー情報や、UVチャンネルを複数持っている場合なんかはうまくいきません。
これについては次の記事で。

Books


無料でできる3Dアニメーション
ブレンダーからはじめよう!


技術評論社
Amazon

メタセコイアからはじめよう!

技術評論社
Amazon
Q&A

このブログ記事について

このページは、Harada Daisukeが2013年3月 2日 12:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メタセコイアで扱えるファイル形式」です。

次のブログ記事は「maxデータをblenderでUV展開(中級編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.11