トランスフォーマー

でかけりゃ何でも面白いかっていうとでかけりゃ面白いんです。やっぱりさ。
でかい。そして変身。だからおかわり。たぶんそういうこと。

いつものようにユナイテッドシネマとしまえんです。

以下ネタバレ含みます。

子供がロボットのおもちゃで
「ガシャーン!ドーン!ゴゴー!!軍隊出動!ビルがドカーン!」
って遊んでいるノリをそのまますごい映画にしちゃった感じのバカ映画。
やっぱり走りながらの変身は超萌える。思わず小声でムォォォって言っちゃいました。ロボのままの走行とかカッケエ。ビル破壊。国防長官大活躍?

あぁ。CG。CGなんですよね。これ。
CG業界の人以外はコレ見てCGスゲーって思わないんじゃないかな。普通に実写映像見てる感覚でした。もう100点が普通っていうか。普通ってスゲーなぁ。

見に行く前に「超イイィ!!」って意見と「あんなんダメだよー」って意見を聞いてたので中盤の萌えシーン以外はちょっとさめて見てしまった。
とにかく全部が早くて画面いっぱい。
もっと見上げる感じとか対象物との比較を強調するようなカットがあってもいいんじゃねーか?カメラ横からばっかりだし。トランスフォーマー超カッケェ!!ってカットをもっと見たかった。金属の美しさとか。なんか愛がたりねぇの。

とはいえやっぱでかいだけでひたすら楽しいのです。DVD出たら買います。変身のシーンをひたすら繰り返し見てニヤニヤする。

Books


無料でできる3Dアニメーション
ブレンダーからはじめよう!


技術評論社
Amazon

メタセコイアからはじめよう!

技術評論社
Amazon
Q&A

このブログ記事について

このページは、Harada Daisukeが2007年8月12日 12:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナツナツナー」です。

次のブログ記事は「瀬戸内に行ってきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.11