pb for7,8

| コメント(6)

んなわけでpaintball for Max7,8です。
テクスチャのファイル名が保存できなかったりしてますが
昔と同じことはとりあえずできます。
テクスチャは多色で描いたほうがおもろい感じになるかと。

あと髭のプラグイン化もやって中。
いまんとこ50倍くらい高速化。で、この50倍を殺すべく全然違うプラグインに成長させる予定。

そうそう。Redqueenわかるひとこちらの質問に答えてくれると助かるですよ。

コメント(6)

ヒゲはとても(いや すげー)楽しみにしてます、がんばってください!
応援してます!

髭はまだまだ弄りたいです。
面白い質感を出すべく考え中。
なんかないっすかねー??

髭はUVやモデルのエッジの流れと関係なく、実際にデッサンするみたいにラインが入るのでおもしろいですね。
ぜひプラグイン版の開発がんばってください。
個人的には、FINALTOONのハッチングシェーダーの
様に影部分のみ描線がはいるモードがあればうれしいです。
また線の太い細いと微妙な線の曲がり。
あとアンチエイリアスが入ればふつうに商業シェーダーとして
販売できそうな気がします。そいでは。

ご意見ありがとうございます。
ODAさんのアドバイスの内容は実現できると思います。
○○風、、、じゃないシェーダーを作るのが目標です。
なので使えるものができるかはわからないですが面白いものはできるかもです。お楽しみにー

paint ballを使わせてもらってます。
http://recon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20060216235337.jpg

ちょっと要望を。
paint ballはテクスチャーで色を変えるわけですけど、
普通のビットマップと同じように再ロードボタンがほしい
ところです。

よろしければ対応お願いします。


・・・髭のプラグイン化も楽しみですね。

こんにちわ。
ご使用ありがとうございます。
ソースファイルがHDDとともに帰らぬ人となってしまったためPBのこれ以上の開発はほぼないと思います。すいません。
Higeのほうはちょっと色々考えてます

コメントする

Books


無料でできる3Dアニメーション
ブレンダーからはじめよう!


技術評論社
Amazon

メタセコイアからはじめよう!

技術評論社
Amazon
Q&A

このブログ記事について

このページは、Harada Daisukeが2006年1月26日 02:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ProBooleanとMax8SP1日本語」です。

次のブログ記事は「サロンドショコラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.11