DF22映像ブースに向けて 第2話

| コメント(2)

じゃこういうことにしましょう。
1人1分でも5分でもいいから全員で15分になったらOK。
こまどりとか実写とかドラマとかCGとかなんでも。
基本個人プレーで。
そんなわけです。どうですか。
とりあえずハラダは3分予約ー。

レンダー作ろうとするとVC++を思い出さないといけないので
とりあえずスクリプトでいろいろ試してます。こんなかんじ
もうちょっといろいろ思案中。

コメント(2)

レンダー、印象派みたいで面白いです。
今の3Dは写実時代みたいなものかなー、などと
勝手に妄想しました。
個人的には「3Dは2Dに比べてやたらと
リアルと比較される」のが窮屈だな、と感じていますので
そういう試みはステキだと思います。

3Dシャガールとか面白そうかな、と。
(無茶苦茶)

おひさしー
3Dは3Dなのだ。無理することはないと思うの。

コメントする

Books


無料でできる3Dアニメーション
ブレンダーからはじめよう!


技術評論社
Amazon

メタセコイアからはじめよう!

技術評論社
Amazon
Q&A

このブログ記事について

このページは、Harada Daisukeが2005年5月20日 02:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次回デザフェスは11月です」です。

次のブログ記事は「Seurat.ms」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.11