フィギュアの作り方 -手順1-

| コメント(0)

原型をつくります。

パテ派とスカルピー派がいるようです。

スカルピーは模型用の粘土。オーブンで焼くと固まるので固まるのを待つ必要がないのでいい感じ。定番です。
パテだと仕上がりが綺麗になる。細いものとかに向いてるかも。取り扱いは大変。

ハラダはスカルピーを使いました。補修にはエポキシパテも使ってます。
パテはできあがった製品に気泡が出来たときに埋めたり、あると何かと便利です。

スカルピーで形を作るときはなるべく1つの塊を変形させていって作ります。
部品をくっつけながら作るとあとでポロリしやすいです。
ちょっと硬いので始めは大変ですが、仕上げは綺麗にできます。
ヘラを使って形を整えます。

形ができたらオーブンで焼きます。
焼いたあとは力を加えると割れてしまうので注意。
表面を紙やすりでなめらかにします。

コメントする

Books


無料でできる3Dアニメーション
ブレンダーからはじめよう!


技術評論社
Amazon

メタセコイアからはじめよう!

技術評論社
Amazon
Q&A

このブログ記事について

このページは、Harada Daisukeが2004年12月30日 13:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィギュアの作り方 -準備-」です。

次のブログ記事は「フィギュアの作り方 -手順2-」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.11